賃貸仲介

6月 21, 2008

最近は賃貸物件を見て回っています。

しかし、今まで5件くらいの不動産屋を回ったのですが、見てみて思ったのは、どこの物件も同じだということです。

というのも、不動産会社はレインズという物件検索情報サイトを利用し、そこから物件を紹介しているので、基本的にすべての不動産会社がレインズの物件を共有しているのです。

ですので、ウェブなんかでよいなという物件があった場合、その物件をプリントアウトして「内覧させてください」といえばどこの不動産屋でも紹介可能なのです。

ただ、違いといえば、敷金、礼金などの交渉能力があるでしょう。

そのため、僕なんかは、気に入った物件はその物件を直接管理し、オーナーとも関係が深い管理会社兼不動産屋に紹介をお願いすることにしています。

そうすることにより、礼金、敷金の交渉も比較的しやすいのです。

不動産の転職はこちらの転職サイトから検索してください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。